情報検索 >> 文化財 >> 記念物(天然記念物) >> 中切津島神社大杉
文化財区分
管理番号 0317013
名称 中切津島神社大杉
名称ふりがな なかぎりつしまじんじゃおおすぎ
名称英語表記
種別(種目) 記念物(天然記念物)
地区 岩村 
所在地・住所 岩村町飯羽間2007
指定 市指定
時代・樹高・幹周囲 樹齢約300年
員数・地積等 3本
所有者・保持者 中切津島神社
告知・指定年月日 1978年1月21日
告知・指定番号 恵天48
画像01 被写体名:中切津島神社大杉
説明文:
撮影日時:
撮影者:恵那市
撮影場所:岩村町飯羽間2007
ファイル名:031701301.jpg
収録DVD:2
関連サイト
URL
解説
 境内には大小の杉が育っているが、指定の3株は径1.6m余の大木である。「スギ」の名は直幹で直(すぐ)に割れることから付いたといわれる。建築材の他に、その香気のために樽酒、線香などに用いられる。。当地方では社叢に松、桧、コウヤマキなどとともに多く植栽されている。岩村振興事務所内に展示の「享保の大杉」は、250〜300年の樹齢、その産地である国有林のロクロギには径1.6mの大杉が一株残されている。この3株の大杉も径1.6mであり、類推すると250年以上の樹齢であろう。

アクセス情報
中央自動車道恵那ICから国道257号で約20分、明知鉄道飯羽間駅から徒歩10分


All Rights Reserved, Copyright(c) 2005 City Of Ena