情報検索 >> 文化財 >> 記念物(史跡) >> 伝西行塚
文化財区分
管理番号 0315063
名称 伝西行塚
名称ふりがな でんさいぎょうづか
名称英語表記
種別(種目) 記念物(史跡)
地区 恵那 長島
所在地・住所 長島町中野鳶ケ入1226
指定 県指定
時代・樹高・幹周囲 室町
員数・地積等 1基
所有者・保持者 中野財産区
告知・指定年月日 1959年11月16日
告知・指定番号 岐史78,恵史35(57/6/1)
画像01 被写体名:伝西行塚
説明文:
撮影日時:
撮影者:恵那市
撮影場所:長島町中野鳶ケ入1226
ファイル名:031506301.jpg
収録DVD:2
関連サイト
URL
解説
 旧中山道を長島町中野新田から西へ向かうと、山中に入る坂にさしかかる。その右手の丘陵上に五輪塔がある。これが古くから西行塚といわれている。
西行がこの地で遷化したという伝説は古くからあった。このことについて、まとめて伝えているのが、慶長19年(1614)に記録された『長国寺縁起』である。これには、西行の終焉の状況が細かく記されており、長国寺には西行の木像があったが、戦国時代に兵火にあって寺とともに焼失したと記録している。それ以後、太田南畝の『壬戌紀行』をはじめ、中山道の旅記録書の多くに西行塚のことが記されている。
【長国寺縁起】 現在の稲荷山長国寺の開山である體厳雲恕がまとめたものである。


アクセス情報
中央自動車道恵那ICから市道で約10分


All Rights Reserved, Copyright(c) 2005 City Of Ena