情報検索 >> 文化財 >> 無形民俗文化財(民俗芸能) >> 獅子舞
文化財区分
管理番号 0312007
名称 獅子舞
名称ふりがな ししまい
名称英語表記
種別(種目) 無形民俗文化財(民俗芸能)
地区 恵那 大井
所在地・住所 大井町長島金毘羅神社
指定 市指定
時代・樹高・幹周囲 江戸
員数・地積等
所有者・保持者 大井長島獅子舞保存会
告知・指定年月日 1984年5月24日
告知・指定番号 恵無民12
画像01 被写体名:獅子舞
説明文:
撮影日時:
撮影者:恵那市
撮影場所:大井町長島金毘羅神社
ファイル名:031200701.jpg
収録DVD:1
関連サイト
URL
解説
 大井町字横平にある金毘羅神社の秋の例大祭(9月第4日曜日)に奉納される獅子舞である。この獅子舞は江戸時代以来伝承されたものと口伝されているが、詳しいことは分からない。 しかし、舞いの振りが本格的でないと、明治末頃、同地の牧野孫三郎、市川義男、牧野弥太、矢頭銀一らが中心になって、磯貝志義太夫(当時、蛭川街道中央線踏切付近に住む)から手ほどきを受けた。これが現在も続けられている。
獅子舞は、舞いが1人、歌、太鼓、笛など、全部で10人で構成される。舞いも曲も軽快である。 【金毘羅神社】 大井長島地区の氏神社である。 神社明細記によると、祭神、大物主命、謹請年月日は未詳であるが、明和3年(1760)3月再興とされている。


アクセス情報
中央自動車道恵那ICから市道で約15分


All Rights Reserved, Copyright(c) 2005 City Of Ena